top of page
  • 執筆者の写真SYNCHRO STYLE

伝わる質を知ることで、次は的確な量に注力を

あれもこれも、ついでにこれも訴求したい・・・出展社ココロ


全ての情報は伝わりにくいのが現状です。


なんとなく印象が残るのは特徴があるから


とても印象的に残るのはわかりやすく、利便性が得られた時


効果と検証、とても大切なコトです。


それは出展社さまの問題だけではでなく、提案する側の姿勢と想いが必要と考えます。



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

キャッチコピー 訴求の捉え方と表現方法

伝えたいコトを伝える・・・じゃぁ〜具体的にどうようなプロセスで?と思っている企業様に、今回一例を交えてお伝えしたいと思います。 伝えいたいコト伝わっていますか「編より」 では今回モノづくり産業にて、注目されている金属3Dプリンターにスポットしてみますね。 ◯○会社 → 製品・サービス紹介 → 特徴へとなる訴求手法 (例) ◯◯会社 → ◯◯造形システム → 強度や耐久性に優れ、複雑な設計での造形が

Comentários


bottom of page