top of page

​ブース模型にてご提案します。

​なぜ、模型なのかを掘り下げてご説明いたします。

​それは来場者の「認知のクセ」行動心理を想起理解した考察が必要だからです。
どのように回遊しているのか、どう誘引させるのか、そのスペースは適度なのか、どこに目線を合わせさせたいのか、どう気づかせるのか、その見え方・見せ方は適切なのか、何を一番に見てほしいのか、何を掲げることが狙いなのか、商品をどう見せるのか、ブース全体がどのように見えているのか・・・以上のことを

イメージ提案と説明だけでは認識度の相違いが生じるからです。

その点、模型では的確に認識でき意匠者の意図を理解できるとともに、スタート段階より全体の方向性

「ストーリー」を描けること、選択肢の整理ができること。

​「構想」と「戦略」の見える化へ

​たしかな認識に
​つながる 

​空間力

​たしかな対話に
​つながる 

​思考力

​ たしかな手法に
つながる 

​シンクロ力

​このような見える力で来場者目線による集客手法を

テス1_page-0001_edited.jpg

​「知る」から「感じる」PLANへ

お客様よりコメントが多かった内容とは

・イメージパースでブースの認識を持っていたが、会場で立体イメージの捉え方に相違いを抱いた。     

・ブース内の間隔、スペース配分が思った感じと違う。展示台が思ったより大きい小さい、通路からサインが見えずらい、サイン位置が適切ではないなど、現場で指摘を受けることが経験を通じて多々ございました。

このようなご意見、課題解決を含めた想いより模型を通じて空間認識「本質的アプローチ手法」をすることでより理解を深め集客を効果的にする施策と考え方が必要だからです。

・もう一つ、模型の良いところをご紹介いたします。担当者様、参加メンバーへの共有展示会後の効果と検証素材、後任への引き継ぎなど次回に生かす課題や改善点を見出す「ツール」としての役目に活用いただけます。

​PLAN STYLE

DESIGN

・意図的な誘引性のあるレイアウト

・人の流れを想定するプラン

・メリハリや連動性を活かした構成

・カラーバランス、テクスチャー の選定

・視認性・統一感を表現

VISUAL

・何の製品サービスを扱っているのか読ませる

 のではなく魅せる演出を表現

・独自性、機能的な面など結論から訴求することで

 効率的な説明へ

・ビジュアルイメージと表現フレーズの連動

・シンプルに分かりやすく

​+α

ACTION

・人を引きつける短いフレーズにて印象深く 

・社名よりも事業の方向性や戦略、テーマ性に

 込めた狙いや思いを的確に表現

POINT

​出展主旨を明確にしたメッセージを「編集フレーズ」で印象強く魅力に迫る訴求をご提案します。

​SYNCHRO STYLEの想い

​本当のお客様「目線」にまずシンクロすることが提案側のスタイルと考えた次第です。

ブースをデザインする観点ではなく来場者の目線より、集客に効果的な手法で​失敗しない展示会ブースづくり、たしかな出展計画をサポートいたします。

SYNCHRO STYLEでは、1〜4小間ブースのご提案を得意としております。​

​その他、中規模小間以上・システムプランなどのご提案もいたします。木工・システム、ブース制作・施工までトータルでサポートしております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

services

業内容

BtoB・BtoC領域 : 展示会・イベント事業全般

​企画

お客様が求めるリアルティに触れ、寄り添う姿勢を大切にしています。

​デザイン

空間プロデュースとグラフィックコンテンツにより、複雑なことを分かりやすく、大切なことを印象強く記憶に残る空間コミュニケーション。

​制作・施工

スケジュール管理、進捗に応じて製作会社との連携。設営から撤去まで一貫して現場管理いたします。

bottom of page